1時間以内で記事を書くテクニック / シニア副業はアドセンスで稼ぐ

少しでもシニア副業ブログを書く時間を短縮して役に立つ良質な記事を書く方法をまとめました。こんにちは、シニアウェブ管理人の (佐藤@SeniorWebJp) です。

シニア副業Googleアドセンスブログの早い書き方

妻

「ブログの記事を書くのに、ものすごく時間が掛かるんですがー?」

そんな声が聞こえてきていますが、続けてしっかり読んでくださいね。

価値あるブログ記事を書くなら、1000文字以上が基準です。

初心者だと1000文字もの文字を書くとなると時間もかかるし、1000文字も何を書いていけばいいか分からないかもしれません。

  1. ブログタイトル決定
  2. 埋め込むキーワードの選定
  3. 記事本文の見出しの決定
  4. 記事本文を書く

まず大枠の組み立ての1番から4番まで先に決めてから記事を書き始めます。

先に構成を決めることに慣れれば、記事を書く時間が一気にスピードアップできます。

シニア副業Googleアドセンスブログの収益化ためには、記事作成に時間を掛けてはいけません。

Googleアドセンスで収益化するためには、たくさんの人にアドセンス広告をクリックしてもらわなければなりません。

ブログにたくさんのアクセスを集めれば、たくさんの人にクリックをしてもらうことができますが、記事の量産をしていかなければなりません。

記事が少ないのにを考えていても仕方がないですよね。

「早く書きたいんだけど、2~3時間とか掛かってしまうけど。」

そんなシニアはすぐに実践してください。

1記事1時間で書けるようになれば、3記事書くことができます。

大きな違いが出てきて、Googleアドセンスの収益にもとても差が開きますよね。

このようにテンプレート化して記事を書いていくことにより、「ネタ・キーワード選定に10~15分」「タイトル決めに5分」「情報収集しつつ記事作成に30~40分」、合計1時間以内に書き上げることができます。

クリアできれば、誰でも1時間程度で記事を書けるようになります。

まとめ

シニア副業Googleアドセンスブログの早い書き方のまとめです。

「ブログタイトル決定」「埋め込むキーワードの選定」「記事本文の見出しの決定」をしてから本文を書き始めてください。

それぞれの文字数に相当する文字数を書いていくことによって、記事作成に要する時間は格段にスピードアップするはずです。

ただし、訪問者に満足してもらうことが大切なので「1000文字で終わり」ではなく、書くべき内容があれば書き続けて、訪問者の満足度を得られるようにしてください。

全体のコンテンツもよくなっていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

シニア総合窓口はこちらです、ご質問等はこちらからお気軽にご連絡下さい。

トップへ戻る