健康増進型保険に加入しよう / シニアの在宅ネット副業に最適

歩く、健康診断、生活改善は、シニアのネット副業で稼ぐのに必要な習慣ですね。こんにちは、シニアウェブ管理人の (佐藤@SeniorWebJp) です。

健康増進型保険ってどんなもの?

厳密な定義は無く、生活習慣や日々の運動、健康診断結果などによって、加入後に保険料が変わるというのが特徴

まず、健康増進型保険とは保険業界が該当するものに、そのように名付けています。
加入者のウォーキングなど日々の健康活動、健康診断の結果などに応じて保険料が変わります。
在宅シニアが、副業でインターネットビジネスの例えばGoogleアドセンス等で公的年金不足を稼いでいる場合、このような保険は、やる気を保つのに大変に有効ですよね。在宅の場合、どうしても運動不足気味になりがちです。ぜひ加入を検討してみませんか。

でも、加入者の健康の状況によって、割引もあれば割高になることもありますので、注意ください。

東京海上日動あんしん生命
「歩く保険」
●1日平均8000歩以上歩けば、半年ごとの達成状況に応じ2年後に最大で約1ヵ月の保険料相当額が還付。
●20歳から56歳まで加入できる。
●歩数を記録するためのウエアーラブル端末を装着する。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
「じぶんと家族のお守り」
●契約日から2年超5年以内に禁煙したり血圧が改善されたら、保険料が最大約3割引かれる。
●契約日にさかのぼり割安な保険料との差額も支払われる。
明治安田生命
「名前は未定」
来年4月から始まる。毎年受ける健康診断の結果に応じて保険料の1部を返す。
第一生命
「ジャスト」
●契約時に、健康診断結果を提出するだけで、保険料が約10%割り引かれる。
●さらに、肥満度合いや血圧、血糖値などの基準を満たすと、最大約20%割り引かれる。
住友生命
「バイタリティ」
●医療保険等に特約(月864円)をつけると、保険料が本来の15%引きに。
●さらに健康診断結果の提出やその内容、1日の歩数等に応じてポイントがつき、それで翌年の保険料が変動する。
●アディダス、ローソンなど11社と提携し各社のサービスが受けられる。
日本生命
「発売予定なし」
●専用アプリで1日8000歩以上歩くと、ポイントが貯まり商品等に交換できるサービスを提供。

第一生命の面白いデータ

健康診断を受けて保険に契約した加入者の方が、健康診断を受けないで契約した加入者より、保険会社が加入者に支払う率が低いと、資料で明らかになっています。
つまり健康状態に自信のない人は、健康診断を受けないのでしょうね。困ったものです。

日本生命だけが新たな保険商品を取り扱わない理由

既存契約者との関係を考えているのではないかと思います。
健康増進型は新しいシステムなのに、多額の投資が必要だと言われています。でも割引などの恩恵を受けるのは新しい契約者だけです。
それより、既存の契約者でも1日8000歩、歩けば得点につながるサービスの方が、公平性があると考えているのではないでしょうか。システムの改修も日本生命くらい大きいと巨額になってしまいますから。

まとめ 加入にあたって留意するべき点は?

商品の作り方にもよりますが、加入できる上限年齢が一般的な保険よりも低いです。
また、健康状態が改善したら保険料が割り引かれるような保険は、注意するべき点があります。

もともと健康な人が入る保険より、最初の水準が割高の可能性もありますので、よく調べて加入しましょう。

シニアが在宅にて副業(複業)で稼ぐためには、健康が一番大切だと、よく理解ができる良い保険だと思います。

シニアの皆さん、検討してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
シニア総合窓口はこちらです、ご質問等はこちらからお気軽にご連絡下さい。

トップへ戻る