Googleアドセンス登録審査突破方法はこれだ / シニア副業(複業)

クリックだけで報酬が発生するクリック保証型の広告のGoogleアドセンスは人気が高い広告提供のサービスです。
こんにちは。登録審査試験が嫌いなシニアウェブ管理人の (佐藤@SeniorWebJp) です。

シニア副業Googleアドセンス登録審査で気をつけること

Googleアドセンス登録審査で気を付けたいことをまとめてみました

この審査は簡単なものといわれていますが、実際に登録審査に通らないケースもありますのでしっかりと読んでください。結構通らないという方が多いようですでがんばりましょう。

Googleアドセンスにはプログラムポリシーというものがあり、これに違反しているという方が多いようです。

佐藤
佐藤

規約等は見るのが面倒ですから、見ない人がほとんどではないでしょうか。

その1 他社の広告は掲載しない

まずは、Googleは他社広告が貼っているサイトを嫌う傾向にあります。
審査を受ける段階だけは他社広告は全て外した状態で審査を受けてください。
審査が完了すれば、他社広告の掲載をしても問題ありません、これは特に規約違反でもなんでもありませんので安心してください。

その2 記事数は15個以上用意

  1. Googleアドセンスへの登録にあたり、最低限記事は15個は用意してください。心配な人は20個ぐらい用意した方が良いかもしれませんね。
    また、記事は一日で15個用意するのではなく、1日1記事の割合でアップするべきです。これにより今後も続ける意思があると思わせることができます。
  2. 記事の文字数は1000文字以上にしましょう。記事が短すぎるとアドセンス登録のためのブログと思われます。

その3 コンテンツガイドラインに違反しない

  1. コンテンツガイドラインとはGoogleがAdsense広告の掲載不可と定めているコンテンツの事です。
    アダルト系など、成人向けのコンテンツなどが該当します。
  2. オリジナルの記事であることも重要ですので絶対にコピペ記事は、厳禁です。
    趣味や日記等の記事内容でGoogleアドセンスの申請を行うようにしましょう。

その4 サイト運営者情報を掲載し、連絡を取る手段があること

  1. サイトの運営者情報の名前と居住地が必要です。
    名前はハンドルネームでも問題はないですし、居住地は●●県だけで十分です。
  2. メールアドレスを記載しリンクを作成しておく必要があります、お問い合わせフォームでも問題ありません。
    連絡が取れる方法があれば問題はありません。

まとめ│一次審査は機械的な審査です

以上の4点に注意して審査に臨みましょう。

最後にもう一つ、外部リンクは貼らないほうが良いかもしれません。

審査は2次審査まで実施されます。

1次審査は機械による審査、一定の基準を満たしているかどうかの審査です。

シニアが副業でネットで稼ぐための登竜門です。

1回だけのテストですので準備はしっかりして臨んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

シニア総合窓口はこちらです、ご質問等はこちらからお気軽にご連絡下さい。

トップへ戻る