在宅副業シニアが月5万円を稼ぐことで保険会社の経営に貢献

元気なシニア副業初心者は在宅で月5万円稼ぐことで、保険料の値下げにも貢献しています。こんにちは、シニアウェブ管理人の (佐藤@SeniorWebJpです。

超高齢化があたえる生命保険への影響は2つ

1番目
死亡した際に支払われる死亡保険の、保険料(掛け金)の引き下げが始まりました。

引き下げの理由

長生きする人が増えたことから、生命保険会社に保険金の支払い負担が減っています。そのため死亡保険の保険料(掛け金)は引き下げが可能になりました。

シニア初心者でも、在宅ネット副業のグーグルアドセンスで月に5万円位を稼いでいれば、生活にも余裕ができるし、そして保険会社にも保険料を下げても経営が成り立つことができるように、協力してますね。
長生きしては、すばらしいです。安心してシニアの副業のグーグルアドセンスで稼げます。

実際にはどのぐらいの引き下げがあるか?

最大手の日本生命は、定期型の死亡保険の保険料(掛け金)を4月から最大24%下げしました。
大同、ソニー、富国、朝日、三井の各社も同じです。

2番目
終身医療保険に加入できる上限年齢の引き上げ

その他に注目されているのが健康増進型保険。これまでの保険は、加入時の本加入時の健康保険加入時の健康状態間で保険料が上下する、いわば瞬間風速型でした。
健康増進型は運動を続けたり、健康状態を向上させたりすると、保険料が割り引かれます。1日平均8000歩以上歩くと保険料が戻ってくるとか、健康診断書を出すだけで保険料が引き下げられる保険です。
これって副業シニアにはうれしい保険です。
素直に「頑張ろうー!!」って思えますものね。
私の場合、普段は車を使って移動することが多いですので、なかなか平均以上に歩くというのは難しいですが、普段から歩くのに慣れている方には、大変おすすめな保険ではないでしょうか?
副業シニアの皆さん、どう思いますか?

アフラック生命
終身医療保険の加入上限を80歳から85歳に引き上げ
明治生命保険
加入上限を80歳から90歳に引き上げ、終身医療保険を発売
ネオファースト生命(第一生命傘下)
85歳まで入れる新新終身医療保険を発売
メディケア生命生命(住友生命傘下)
85歳まで入れる新新終身医療保険を発売

まとめ

これから保険に入る元気な副業シニアには朗報です。

とにかく保険の種類は多すぎて、選択が非常に難しいです。でも今日のようなシニアにとって前向きに考えることができる終身医療保険は大変良いことですね。今日は、なるべくわかりやすく簡潔に記事にしてみました。このような保険が出てくると、初心者のシニアがグーグルアドセンス等のインターネット副業で、安心して稼ぐことが出来ますので、充実した生活を楽しめますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

シニア総合窓口はこちらです、ご質問等はこちらからお気軽にご連絡下さい。

トップへ戻る